Wi-Fiは危険?

Wi-Fiは無線環境でのインターネット利用が行えるため、安全性などを心配される方も少なくありません。
しかし、どのような仕組みで使用するのかを知っておけば、未然にトラブルを防ぐ事ができます。
ここでは、Wi-Fiは本当に危険なのかどうかをご紹介いたします。

Wi-Fiの危険性というのは、実際のところ有線でのインターネットとあまり変わらないのが現状です。
というのも、モデムやルーターなどの端末を購入したまま放っておけば、どんな場所であっても簡単にハッキングが可能だからです。
あくまで未然に身を守るような準備を行っておく事が、利用時の注意点だと言えるでしょう。

まずセキュリティ設定についてです。
初期パスワードのままにしておくのは危険なため、利用前には自分が考えたものに変更しておくとよいでしょう。
普段から使用しているパスワードではなく、複雑なものにしておくことが重要です。

次にインターネットに接続する際に使用する、暗号化方式の選択についてです。
初期の段階で設定されているWEPから、WPA2などのセキュリティ強度が高いものへと変更するのがよいでしょう。
初心者が意外と見落としがちな部分でもあるため、必ず設定しておく事が大切です。

最後はMACアドレスフィルターと呼ばれるものです。
これは、自分が使用している機器以外のWi-Fi接続を制限し、第三者からのアクセスを防ぎます。
個人情報の流出を抑えるため、必ず行っておきたいものの一つだと言えるでしょう。



◎注目サイト
モバイルwi-fiの安全性・セキュリティ強化対策などの情報を紹介しています …… モバイルwi-fi